結納式

結婚式前に、新郎新婦両家の御挨拶の場として、神社にて結納(ゆいのう)式ができます。

当日の流れ

控え室に御両家お集まり頂き、準備が整いましたら、式の流れ、作法を説明させて頂きます。その後、文子殿にて式を執り行います。

式の流れ

一、修祓
一、祝詞奏上
一、新郎家代表者から新婦家代表者に結納品を贈呈
一、新婦家代表者から新郎家代表者に結納品を贈呈
一、新郎家玉串奉奠(新郎家代表者が御神前に玉串を捧げて頂き、新郎家一同で参拝して頂きます。)
一、新婦家玉串奉奠(新婦家代表者が御神前に玉串を捧げて頂き、新婦家一同で参拝して頂きます。)
  結納式終了



結納式についての質問例

質問 結納品は何が良いのか?
答え 何でもかまいません。昔ながらの結納品でもけっこうですし、普段御愛用の品物(酒、食物、お土産品)を贈呈されてもかまいません。事前に両家で御相談の上、神社にお持ち下さい。
質問 贈呈する代表者は、新郎、新婦自身がしても良いのか?
答え 新郎、新婦がされてもかまいません。新郎の父、新婦の父が代表を基本としますが、他の方がされてもかまいません。
質問 新郎、新婦の兄弟、姉妹も同伴しても良いのか?
答え 同伴して頂いてかまいません。新郎新婦の祖父、祖母等、家族で来られてもけっこうですし、新郎、新婦お一人で来られてもかまいません。ただし、式場の関係で、新郎家6人(新郎を含む)新婦家6人(新婦を含む)計12名までにして下さい。
質問 仲人はいないが?
答え 仲人不在でも、結納式は可能です。